www.gingerpaw.com

換金目的で新幹線等のチケットの類を大量購入する>カードショッピング枠の現金化というもの使用せずに、自ら現金化する目的でクレジットで購入するというのも同様です。現金化するということを狙ったカードの決済であれば、クレジットのカード規約違反扱いになってしまうことが理由です。列車等の旅券や切手通販におけるクレカ決済をすると、場合によっては換金する目的ではないのか??などという風に目をつけられてしまうケースなどが考えられるので気をつけることが大切なのです。さらに、利用時にキャッシング利用枠というものが限度となられてしまっているカードの場合には電車等の旅券等を決済することにトライすることだけでクレカの会社の担当者からチェックの電話が来る事例があるので、お金がない時の使用については不可能になってしまうと考えられます。懐事情に余裕が無い時において企てるものは多くの場合同じようなものなのだろう。クレジットカード会社の立場からみて問題な利用の仕方をする●かなり前に流行った『永久不滅』など、クレジットカード会社にとって一つも利益とならないような不当な利用をしてしまうと発行会社の判断で失効という処理がされる事例さえもあるようです。Web上に話題となった決済ポイントの不正な搾取というような一般に知れ渡っていない手段というものがある場合でも、そういった手法はカードの規定に反することなのであるから絶対やってしまわないようにして頂きたい。強制没収となったカード情報は他のカード会社へ知られる》クレジットカードを強制失効させられてもほかのクレカであれば問題ないのだから、ひとつであれば大したことない?などと思っいる人は現代の情報化社会にあってはその考えは信用を失う危険もあります。なぜならば、そもそも強制失効扱いとなるケースの場合においてはクレジット発行会社により問い合わせ出来てしまう個人情報というものへ情報が更新されることで、契約者の信用力がガタ落ちとなる場合もあるのです。いずれかたったひとつであってもクレカを強制退会扱いになると、その他のクレカでも契約しづらくなりますし最悪他に契約しているクレジットも強制没収させられる事例もあるのです。強制退会とならずに継続して使用できる場合も有効期限切れの時に継続できなくなることもあります。兎にも角にも何度も述べていますが、強制没収させられてしまう利用方法はまずされないよう、正しくクレカを使って頂きたいと願います。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.gingerpaw.com All Rights Reserved.