小金が手に入れられますが

書籍のチラシ、スポーツ紙、電話ボックスに見かける宣伝やダイレクトメールで「負債の片付けいたします」「債務をまとめたくないですか」という内容の宣伝を見ることがしばしばです。

こういうのは、「整理業者」「買取専門屋」「紹介業者」という通称の悪徳業者の嘘広告の場合もあります。

そのようなものを頼んだ場合は自己破産申し立てフローの中で最も大切な免責許諾を受けられないリスクが存在します。

「整理人」というのは広告などで借金のある人を引きつけ、高額の依頼料を受け取って借金整理をしますけれど実際のところ整理は行われず、依頼者はさらに負債地獄に陥ってしまう結末が大方と予想されます。

「買取業者」は、分割払いで電気製品、何らかのチケットなどを限界まで注文させて、依頼者からそういった品々を売値の2割ー半分で引き取るというやり方が主です。

小金が手に入れられますが、少しすればカード会社からの商品価格の定額の督促が届くことになり、実際のところ借金を増額させる結末になります。

このときはクレジットカード会社に対する犯罪行為ということになって免責承認を手に入れられません。

「紹介屋」では、大口の金融業者から貸してもらえなくなった借金人へ、業者としては金貸しは全然せずに、資金提供を可能である貸し手を呼び出し、高額な紹介料を要求するグループです。

高度なつなぎで貸出してもらえたというふうに説明しますが、現実は何もしていなくて単に審査のゆるい会社を把握しているというだけです。

この場合でも現実には借金額を増大させる結末となります。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.gingerpaw.com All Rights Reserved.